ソフトウェア資産管理(Software Asset Management) 本文へジャンプ

SAM連載記事
 [はじめに]

 企業・組織において利用されているIT資産、とりわけソフトウェア資産を適切に管理するとともに、ビジネスの効率化を図るためにもSAMを導入する必要があります。
 JIPDECでは、平成22年度より「ITサービスマネジメントの利活用によるシステム構築・運用環境の改善に向けた調査研究」を実施してきましたが、その一環として国内外の企業・組織におけるSAMの取り組み状況、SAMの普及促進について考察し、今後の目指すべき方向性について報告書をとりまとめました。
 本SAM連載記事は、「ソフトウェア資産管理に関する国際動向調査研究報告書(平成23年3月)」より引用・編纂したものです。
 なお、記事の監修者については、情報資産マネジメント評価検討委員会の委員に依頼し、各回の監修者・執筆者は次のとおりになります。
回数 記事 監修者
第1回  海外におけるソフトウェア資産管理
 武内 烈 委員
第2回  ソフトウェア資産管理の国際標準化動向
 高橋 快昇 委員
第3回  ソフトウェアライセンス監査の実態
 田村 仁一 委員
第4回  ソフトウェア資産管理ツールの動向
 篠田 仁太郎 委員長
第5回  日本におけるソフトウェア資産管理
 手島 伸行 委員
第6回  ユーザーにおけるSAMへの取組み状況
 中村 究 委員
第7回  公共セクターにおけるソフトウェア資産管理
 川崎 紘 委員(執筆者)
第8回  我が国のソフトウェア資産管理の今後
 篠田 仁太郎 委員長


第1回 海外におけるソフトウェア資産管理

 アメリカ、イギリス等の海外において、ソフトウェア資産管理に対してどのような活動がなされているか。海外のSAM関連団体の活動を中心に紹介。


第2回 ソフトウェア資産管理の国際標準化動向

 ソフトウェア資産管理に関する国際標準規格であるISO/IEC 19770シリーズの標準化動向と、標準化に対する対応状況を中心に紹介。


第3回 ソフトウェアライセンス監査の実態

 ソフトウェアにおけるライセンス監査の状況について、海外を監査の実施状況を中心に紹介。


第4回 ソフトウェア資産管理ツールの動向

 日本におけるソフトウェア資産管理ツールの概要、資産管理ツールの基本的な構成からSAMの観点で重要となる機能を紹介。


第5回 日本におけるソフトウェア資産管理

 日本におけるソフトウェア資産管理について、SAMに関連する法制度、ソフトウェアの違法コピーの状況、ソフトウェアに関する政策を中心に紹介。


第6回 ユーザーにおけるSAMへの取組み状況

 ユーザー企業におけるソフトウェア資産管理の取組み状況について、組織規模による違い、大規模組織での一例を中心に紹介。


第7回 公共セクターにおけるソフトウェア資産管理

 公共セクターにおけるソフトウェア資産管理の取組み状況について、公共セクター向けの活動、SAMから見た地方公共団体の特徴、SAMの取組の進展を中心に紹介。


第8回 我が国のソフトウェア資産管理の今後

 SAMの普及のために、現状の課題と特に取組みが必要となる視点について、SAMの今後の方向性をまとめたものを紹介。




 [home]